オンラインカードゲームも増えてきています

「トレーディングカードゲーム」はご存じの方も多いかと思います。専用のカードを使って対戦するカードゲームのことで、多くの場合は対戦形式の2人プレイとなっています。
プレイヤーは自分が選んだ複数のカードをデッキとして構築し、ゲームのルールに従って対戦場にカードを提示することで、そのカードの数値や効果などを相手が提示したカード対比させながら勝敗を決めていきます。アメリカの「マジック・ザ・ギャザリング」から始まり、日本でも「遊戯王」や「ポケモンカードバトル」などで、一般化されてきました。ひとつのカードゲームには通常何百種類ものカードが存在し、様々なキャラクターやイラストが描かれています。カードごとには異なった数値・能力が設定されていて、数字や文章などで表されています。これらのカードで組み合させるデッキは非常にバリエーションに富んだものとなり、勝敗にこだわって強いカードを集めたものや、バランス性を重視したもの、効果の発動を中心に考えたもの、など構築した人の個性・スタイルによって様々な様相を呈します。
このトレーディングカードゲームですが、インターネットでプレイできるものあり、これをオンラインカードゲームと呼んでいます。オンラインカードゲームでは「プロ野球オーナーズリーグ」が知名度が高いのではないでしょうか。日本のプロ野球を題材にしたオンラインカードゲームで、選手カードをコンビニなどで購入し、ゲーム内で使用します。