WEBサイトの組込み型管理システムについて

WEBサイトは長年静的フォーマットとして活用されてきており、WEBサイトの管理システムとしては大規模なホームページの場合に独自に作成される物を除いてそれほど活用されては来ていませんでした。しかし、ホームページにも動的要素が積極的に採用されてきたことや、ブログとの連携が必須となったこともあってホームページにも組込み型の管理システムが必要であると考えられています。現在の多くのWEBサイトに組込み型で管理システムが入っている場合には独自システムというよりはオープンソース型の既存のCMSと呼ばれるコンテンツ管理システムを利用することが多くなっています。CMSでは画像や動画、記事の保管はもちろんのこと、各種コンテンツの掲載の条件を決めるなど、これまで人間が行ってきた管理を自動化し、また、HTMLが分からない方でもコンテンツごとに管理できるようにシステム化されています。画像や動画の管理では特に掲載のタイミングの他に試聴する環境に合わせて適切なフォーマットに自動変換する機能も充実してきています。この変換機能については主にスマートフォンや携帯電話での視聴の際、パソコン向けのフォーマットでは見づらいことから利用が進んでいます。また、フォーマットの変換機能は動画や画像以外にWEBサイトそのものにも対応してきており、視聴者がWEBサイトを見る際、どのような携帯端末やパソコンで見ても同じコンテンツで見やすく形状を変えて見ることができるように対応する機能もCMSの大事な機能の1つとなっています。WEBサイトの管理システムとしては従来の記事の投稿、チェック、編集、掲載を行うための機能が充実していることが求められていましたが、現在ではこの機能の他に視聴者向けの機能が追加となっています。ホームページからブログへ、そして動的なホームページへと進化してきたインターネット上の表現方法に動く要素を追加することでますます表現に幅が広がってきています。また、表現方法が広がってきたのに合わせてサイトの大規模化が進んできており、個人のホームページであってもCMSの利用は珍しいことではなくなってきています。CMSについてはオープンソースが利用されることで独自に改変を組み込んだり、機能を減らしてコンパクトにすることも可能であり、それぞれのホームページに必要とされるCMSを利用できる環境ができたこともCMSの利用が進む理由となっています